FGO 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 魔剣強襲(前編)

魔剣強襲(前編)
魔剣強襲(前編)1
魔剣強襲(前編)2
2章1節は第2の異聞帯のクリプター
オフェリア・ファムルソローネの回想から入ります。
主人公達とどう絡んでいくのでしょうか。
魔剣強襲(前編)3
魔剣強襲(前編)4
魔剣強襲(前編)5
魔剣強襲(前編)6
魔剣強襲(前編)7
一方虚数潜航して
虚数空間の中にいる主人公達。
そこで今後の予定の再確認などを行いますが、
その途中で警報が鳴り、
虚数空間の中で何者かが接近してくる事を告げられます。
主人公とマシュは接近してくる何者かに
暖かくて懐かしい感覚を覚えます。
その何者かは異星の巫女で
異星の巫女は噂されてるオルガマリーなのでしょうか?
そしてゴルドルフの指示で虚数空間から緊急浮上します。
魔剣強襲(前編)8
緊急浮上した後
主人公とマシュは周辺の調査に出ます。
第2の異聞帯は
白い氷と青い炎に覆われた
不思議で綺麗な光景の世界でした。
そして第2の異聞帯で最初に遭遇する敵は巨人でした。
言葉は通じず会話不能のようです。
進撃の巨人を連想させます。
魔剣強襲(前編)9
一通りの調査を終えた主人公達は
シャドウボーダーに戻り、
調査結果について話し合います。
そこで警報が鳴ったところで
第1節は終わりとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました