FGO 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 雪と氷の城(前編)

雪と氷の城(前編) 1
雪と氷の城(前編) 2
ゲッテルデメルング5節です。
集落に現れたワルキューレを退けた後
主人公とマシュはナポレオンに連れられ
集落の外に出ています。
そして北欧異聞帯の事について教えられます。
雪と氷の城(前編) 3
雪と氷の城(前編) 4
雪と氷の城(前編) 5
北欧異聞帯では
神々の最終戦争ラグナロクが起こった後でも
神代が終わらず神が存在し、
ラグナロク後も存在している神が
紀元前1000年頃の状況が続かせながら
北欧異聞帯を支配している状態です。
雪と氷の城(前編) 6
雪と氷の城(前編) 7
雪と氷の城(前編) 8
雪と氷の城(前編) 9
そしてそんな北欧異聞帯を統べる
ラグナロク後も存在する神にして
氷の女王の名前はスカサハ=スカディといいます。
スカサハは北欧の神スカディと融合しているような状態です。
スカサハ=スカディは、
姿はスカサハですが
中身は神スカディとなっています。
スカディ神が北欧異聞帯を支配していると言えます。
雪と氷の城(前編) 10
雪と氷の城(前編) 11
雪と氷の城(前編) 12
ナポレオンは主人公達カルデア一行が来る前から
北欧異聞帯に召喚されていて、
北欧異聞帯を旅して
秘密の情報源も得て
北欧異聞帯の事を知ったようです。
雪と氷の城(前編) 13
雪と氷の城(前編) 14
雪と氷の城(前編) 15
ナポレオンの拠点の一つの案内され、
そこで作戦会議を開きます。
翌日に敵拠点を襲撃するという事で、
スカサハ=スカディは主人公達に対して
警戒心を全く抱いてないので
そこを隙にするようです。
作戦会議が終了した所で
5節終了となります。
4節に続いて北欧異聞帯の事が
明らかになってきたものでした。
次は主人公達が敵に襲撃を仕掛けます。
それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました