FGO 無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 雪と氷の城(後編)

雪と氷の城(後編) 1
雪と氷の城(後編) 2
雪と氷の城(後編) 3
2章6節です。
主人公一行は敵拠点である
氷の城に乗り込み、
その主であるスカサハ=スカディと対面します。
雪と氷の城(後編) 4
雪と氷の城(後編) 5
ナポレオンの言う通り
スカサハ=スカディに敵意はありませんが
それでも空想樹を切除されるのは
看過できないようです。
雪と氷の城(後編) 6
雪と氷の城(後編) 7
雪と氷の城(後編) 8
スカサハ=スカディは
3体いるうちのワルキューレの1体
スルーズを呼び出して
捕らえるように命じます。
ワルキューレ=スルーズの
バトル開始です。
雪と氷の城(後編) 9
雪と氷の城(後編) 11
雪と氷の城(後編) 12
ワルキューレ=スルーズとの
戦闘が終わった後、
シグルドとオフェリアが現れます。
そしてマシュとオフェリアの対面でもあります。
雪と氷の城(後編) 13
雪と氷の城(後編) 14
雪と氷の城(後編) 15
マシュはオフェリアとの会話で
クリプター達の真意を知ろうとしますが、
オフェリアはマシュを一応敵対しているとして
取り合いません。
雪と氷の城(後編) 16
雪と氷の城(後編) 17
雪と氷の城(後編) 18
雪と氷の城(後編) 19
そこでナポレオンが横から口をはさみ、
突如オフェリアを口説き始めます。
ナポレオンは1回氷の城に1人で乗り込んでいて
そこでオフェリアに一目惚れしたようです。
ナポレオンは到って真面目に言ってるようですが
まさかここでシリアスな空気を壊してくるとは
予想外でした。
雪と氷の城(後編) 20
雪と氷の城(後編) 21
当然それに応じる事のないオフェリア。
話は終わりだとばかりに
シグルド&オフェリアとの闘いが始まります。
雪と氷の城(後編) 22
雪と氷の城(後編) 23
雪と氷の城(後編) 24
シャドウボーダーで戦った時よりも
シグルドと戦えています。
それを感じたシグルドは
霊基を1段階上げて
少し本気を出します。
雪と氷の城(後編) 25
雪と氷の城(後編) 26
雪と氷の城(後編) 27
オフェリアの眼帯の下には魔眼があるようで
眼帯を取ってその下にある魔眼を使います。
魔眼を使われたマシュは
まともに動けない状態になります。
そしてシグルド&オフェリアとの第2ラウンドが始まります。
雪と氷の城(後編) 28
雪と氷の城(後編) 29
雪と氷の城(後編) 30
雪と氷の城(後編) 31
雪と氷の城(後編) 32
戦闘終了後
スカサハ=スカディが
闘いを終わるように告げ
主人公達にルーン魔術を掛けて
身動きを取れなくし、
主人公達に地下牢暮らしを命じます。
雪と氷の城(後編) 33
雪と氷の城(後編) 34
雪と氷の城(後編) 35
雪と氷の城(後編) 36
雪と氷の城(後編) 37
そしてそこに乱入者が現れます。
キリシュタリアの異聞帯たから来た
神霊カイニスです。
カイニスはキリシュタリアの命により
各異聞帯の査察しに回っているようです。
北欧異聞帯ではスカサハ=スカディへの伝言もあり
その映像記録を出します。
雪と氷の城(後編) 38
雪と氷の城(後編) 39
雪と氷の城(後編) 40
雪と氷の城(後編) 41
雪と氷の城(後編) 42
雪と氷の城(後編) 43
キリシュタリアはカルデア一行である
主人公達がいる事を前提に
スカサハ=スカディにクリプター達の目的を話します。
クリプター達の目的は
神のいる世界を作り直し
汎人類史を上回る事のようです。
そして記録映像による伝言を伝え終えた
カイニスは北欧異聞帯を去って行き
そこで6節は終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました